カテゴリ:★ぷっつん★( 10 )
冗談じゃない
十字路の交差点にさしかかった・・・私は直進。
すると左方から、見慣れた赤い車が顔を出した。
こちらが広路優先・・・おまけに交差点は間近、速度も相応に出ている。
当然赤い車は止まる・・・あれ?止まるよな?・・・げっ!止まれって!!
おい!運転手、こっち見ろ!!止まれっての!!!
普段、電車のそれと間違われるようなクラクションが、鳴り響く・・・。
それでも赤い車は、止まるわけでも、こちらを見るでもなくトロトロと左折を続ける・・・。
結局、運転手は、こちらを1度も見ずに、強引に左折し私の前へ。
せめてフル加速でもしてくれれば良いものを、停まりそうな最徐行・・・・。
車の位置関係、速度・・・まさか出てくるとは思っていなかった為、減速が遅れたこちらは止まりきれない・・・。
ブレーキペダルには、ABSの細かいキックバック・・・迫る赤い車のテールレンズはストップランプが点灯して減速が続いている。
ステアリングを右に切って、対向車線へ回避・・・道路にせり出した植え込みの枝が、
ドアミラーを叩く・・・これ以上は逃げ場がない・・・よけきれないか・・・?赤い車に併走する形でどうにか停車・・・・。
2台で、完全に道路を塞いでいる。
思わず、助手席の窓を開けて怒鳴る「車を止めろ!」
赤い車の運転手は40過ぎと思われるおばちゃん。
運転席の窓を開けると「何ですか?」
はぁ?何ですかって・・・何だ?
安全確認どころか、1度も右を確認しないで出てきて、おまけに徐行されたら・・・。
対向車も歩行者もいなかったから良かったものの、最悪なら、対向車と正面衝突するか、
歩行者を巻き込んだ可能性もある。
「どこを見て走ってるんだ!!止めて降りろ!」
そう怒鳴る私に「すみません、すみません」と言ってはいるが、降りる気配は無い。
車番を控え、目的地へ向かう。
目的地から、赤い車の所有者へ抗議の電話・・・。
こちらの車の色、時間、場所を伝えて、事実確認後の連絡待ちとなる。
相手から、電話が来た・・・電話に出た運転手は開口一番「なんでしょうか?」
はぁ?何でしょうかって・・・何?
「今朝、ぶつかりそうになって、俺に怒鳴られたろう!!」というと
「どこで?」
はぁ?何だこのババァ・・・。
地番を教えると「何で文句を言われてるか分からなかったけど謝った」
(この世代のおばちゃんが、自分の非を理解せず謝ってたとは思えない)
「こっちを見てないからぶつかりそうになるんだ」というと
「あんたも見てないからでしょう!」・・・・・・・・・・。
おいおい・・・俺も見てなかったら、避けられないでぶつかっていただろうっての!!
この時点で完全にクソババァ!!

要は、自分はぶつかってないので、知らぬ存ぜぬという態度がありあり・・・。
上司も「運転者がそう言ってる以上なんとも・・・」という情けない言い訳。

分かったよ、お前らがそういう態度なら、
今度から郵便局の車もバイクも一切避けないからな!

推測すると、配達先を探しながらうろうろ走っていて、交差点に注意散漫なまま進入。
何故、私の車が自分の横にいたのかも分からなかったようだ。
それにしても、こんな危険な運転をした上に、とぼけるとは何てやつだ。
必ず、どこかで仇をとってやるから、覚えていろよ・・・・。
[PR]
by eternity2005 | 2007-03-26 18:29 | ★ぷっつん★
決着しました
自動車税の件、やっと決着しました。
ちょうど1ヶ月。。。
結論から言うと、延滞金はかかりませんでした。。。当然の事ですけど。
収税側は、こちらの主張が正しい事を立証しろの一点張りでしたね、終始。
「状況的には分かるが、物証がないと対応できない」ってどういうつもりなんですかね(-.-)
「納付書が届かない」のは100%納税者の責任という考え方が間違ってます。
誤配だって日常的に起きてます。
郵便物を配達人が破棄してしまった事件だって過去にはあります。
他人のポストの中身に興味を持つ変態もいます。
「自分たちの処理にミスは起こりえない」そういう態度に腹が立ちます。
公務員は間違えない。。。とでも思っているのでしょう。
例えば「こういういい加減かつ間違った応対もしてるじゃないか、であれば私が行った手続きが収税側の間違いで反映しないことだって充分に考えられるのでは?」
こう言った所で「それはお詫びしますが、それとこれとは。。。」の繰り返し。

郵便が来ないんだから、物証なんてこちらに提示できるわけがないのです。
手続きの控えをくれる訳じゃなし。。。
今回、「自らの失態を公文書として提出することを希望する」と言ってやりました。
これが事実上効果的だったようです。
公務員は自らの失態を「公文書」として残したくない。。。認めたくない、そういう生き物のようです。

今回の教訓

書類を提出したり、何かを申し入れたりした時には、「担当者の記名入り受領書」を必ず貰う事。
それが証拠となります。
そんな受領書とか受付確認書なんか、ない方が自分たちの責任逃れに有利なわけですから、あいつらは用意してないと思います。
公務員は個人で背負う「自己責任」に対する意識が非常に希薄です。
自分の行ってる業務は「公務」であって、「自己責任は存在しない」と思ってる。。。自らのミスは「役所」が負うとでも思っているのでしょう。

権力だけは振り回しますが、不利になると「法律が。。。」の一点張りです。
こんな奴らを信じてはいけません。
受領書とか受付確認書は自らをトラブルから守るために、自分で作成してでも取り付けるように。
これが「公務員」との付き合い方のようです。

                            by のこのこ
[PR]
by eternity2005 | 2006-06-28 13:08 | ★ぷっつん★
自動車税のその後
「自動車税納付書未着についての申立書」なるものの提出を求められ、提出はしたものの。。。
3日経ってやっと連絡がありました。
「これから、市役所や県税事務所、郵便局に確認しますので。。。来週28日頃。。。」

おい!3日もあっておまけに1週間かい!!
個人情報保護法ができたんだから、市役所だろうが郵便局だろうが、簡単には答えないんですけどね。
それにしても。。。。ねぇ。。。(-.-)

                        by のこのこ
[PR]
by eternity2005 | 2006-06-22 18:19 | ★ぷっつん★
こんなもんかね。。。この国は
自動車税について
え~い、腹が立つ!!
もう1度整理してみよう。。。
事の発端は、過去に数度あった「納付書の未達」
これを避ける為に「納付書の送付先を変更するには?」と県税事務所に問い合わせをした事に端を発する。
県税事務所に「こちらで書類の記入をして下さい」と言われて、出向き。。。出された書類に記入して帰った。
しかし、そのデータが反映されておらず、またまた納付書が未達(あたりまえだけど)。
県税事務所のアホには「来たって証拠があるんですか」と言われたのは、このことである。
自動車税の担当者に「証拠って言われたって、受付票のような物もくれないだろうが!!」とクレームをつけたところ「わざわざ行かなくても電話でもできるのにね」と。。。
行ったのに「証拠」と言われる事から考えても「電話」なんか当てになるわけがない。
。。。冗談じゃない、「来た証拠」というなら「行ってない証拠」もないだろうに。
自動車税担当者に「あなたの言う事は良く分かった、県税担当者も意地になってるんだろうから、私に任せて下さい、1日時間を下さい、あなたからは電話しないように」
こう言われたら「正しい主張は認めて貰えるんだな」と安堵しませんかね?
ところが、1日どころか5日経っても全く連絡なし。
改めてこちらから連絡したら。。。「県税担当者が頑固でね。。。私も困ってるんですよ。」
おい!約束の日に連絡してこない事は不問かよ!!
あげくに「仕方ないので折衷案でどう?」
「納付書未達の人に対して公示するって方法があるんだよね」
「あなたの場合も未達で納付書が戻って来たら、公示されて、そこが延滞金の起算日になるの」
「それで計算すると***円なんだけど、それを払うって事で納得してくれない?」
だからね。。。未達になった原因はそっちだろう。。。って。
「それなんだけどね、法人はそれできないんだよね」
ん?どういう事?できないものを受け付けた?
何であんたもそんな事を今更言うんだよ?県税担当者も「来た証拠」なんて言う前に「それは間違った手続きなんですけど」って言わないか?(言われても困るが)
「申し出られれば、便宜上、別封筒でできるんだけどね。。。毎年言って貰わないとね」
そんなもん知るか!だったら最初から言えよ。
「納付書が届いてないって問い合わせればね。。。」
あのなぁ、法人だぞ、法人!
納付書が届いたかどうか、俺が確認するのか?
届いていれば、経理が納付するのが普通だろう?
けど、来なければ「届くべき物が届いてない」って発想になるのは、お前らだけで、「自動車税」って発想がなければ、「来ない事に疑問などもたない=問い合わせる訳がない」だろうに。
。。。。。面倒くさい。。。。。
「とにかく折衷案で納得してくれないと、私は手を引く」
。。。脅しか?。。。なんだこいつら。。。えーーーぃもう良いや、了承すれば良いんだろう!!
「じゃまたこっちから電話するから、待ってるように」
。。。
。。。
来ない。。。なんだよ。。。
県税も自動車税もいい加減だ!!
県庁の税務課が管轄だよな。。。そっちに問い合わせた。。。
「。。。お話は充分理解できました、確認しますからお待ち下さい」
。。。
。。。
「あなたの主張は良く理解できましたが、結論から申し上げますと、延滞金減免の事由に該当しませんのでご了承下さい」
「また、自動車税担当者が申し出た折衷案も、間違った処理ですからできません、担当者も上席も謝罪いたしております」

おいおい、ちょっと待てよ。。。
お前らそんないい加減な対応してるのかよ?
それでこんなに手間暇・時間かけさせて?
なんぼなんでも「間違えました」じゃ済まないだろう?
「折衷案で納得しなければ手を引く」まで言っておいてそれは間違いです?
そんないい加減な現場対応だから、できないはずの納付先変更まで受け付けたんじゃないの?
「どうしたら良いんですか?」って私が県税に問い合わせてから、そっちの指示に従ってやった手続き。。。何か落ち度が私にあるんでしょうか?
連絡するって言っておきながら連絡もしない。。。そっちで勝手に言い始めた折衷案が「できない事」?
「こちらのミスです。申し訳ありません」ってね。。。納得できますか?
ちなみに。。。私の車が個人所有だったら、電話でも、葉書でも(納付書に同封されてるらしい)でも、変更が可能だったんですって。。。。そんな事関係ないっての!!
で。。。「もし、その用紙を使って住所変更を申し出て、それがあなた達に未着だったら?」って聞いてみました。
それは手続きした事になりません。。。だって。
「戻ってこなくても?」
「はい、到着して初めて。。。」
だったら、お前らが送付した納付書が未着でも同じだろうが。
「戻ってこなければ、到着したものと見なすという法律ですから」
ふ~ん、法律って、平等じゃないのね。。。自分たちに都合良く作ってるのね。。。
私って所得税、市県民税、法人税。。。申告税を色々納付してるんだけど、この敵、どれで取ろうかな。。。

by のこのこ
[PR]
by eternity2005 | 2006-06-08 12:05 | ★ぷっつん★
その後。。。
県税からもどこからも連絡無し。。。
収税する気があるとは思えない。。。
何なんだ、こいつらは!!

           by のこのこ
[PR]
by eternity2005 | 2006-06-07 01:16 | ★ぷっつん★
どうにかしてほしい。。。迷惑電話
迷惑電話と言っても、いたずら電話や間違い電話ではありません。
こちらが必要としない営業の電話!!
「車の買取業者」「先物取引業者」「ゴルフ場をはじめとする会員権業者」「金融業者」etc・・・。
「こちら、大阪の車買取ですが、売って下さるトラックや重機はありませんか?」
「金やガソリンのが上がってます!今がチャンス!!」
「今、割安な会員権があるのですが、早い者勝ちです!!」
「事業資金、融資します!!」

遠方の買取業者、ましてや電話だけでその素性も分からない業者に「あります」って答える人いるんですかね?悪く考えれば、盗難対象車の所在を漏らすようなものでしょう?
先物取引ね。。。儲かった話など聞いた事無いけど?
割安って何なんだろう?価値観って違うと思うんですよね。
銀行・ノンバンク金利だって軽くはないのに、街の金融屋から事業資金なんか借りたら、会社は潰れますよ。

それにムカツクのが、どいつもこいつも判で押したように「お忙しい所・・・」
忙しいと思ったら、電話してくるんじゃないよ!!
最悪なのは、同じ会社の違う担当者から再度掛かって来た時。。。しつこいっての(-.-) ボソッ

最近多いのが。。。電話屋
「マイラインでお世話になってる***ですが」とか
「NTT特約店の***ですが、お得な回線のお知らせです」って営業。
マイラインでお世話になってるって?うちはおたくと契約してないけど?
NTT特約店が安い回線?特約店だったら、NTT回線以外を勧めないだろう?
この輩の話を聞くと、要は「光電話にしましょう」ってこと。
で、電話機が光電話に対応してないなら換えないと使えなくなる。。。大嘘つき。
最近は、不要な営業の電話と分かると、無言で切ります(-.-) ボソッ
しかし何でこんな迷惑な電話を防ぐのに、こっちが費用負担してナンバーディスプレーにしなきゃならないんだろうか?
それに知らない電話番号は1度は出ないとならないし。
最近は手口が巧妙で「通知圏外」で掛かってくる・・・これを拒否すると国際電話が受けられない。。。
相手の番号を特定してやろうと、「折り返しかける」というと「発信専用コールセンターなので、受話できません」と来る。。。

ナンバーディスプレーを売っておいて、それをくぐり抜けるシステムにするなよ!!どうにかしろ~NTT!!

           by のこのこ
             
[PR]
by eternity2005 | 2006-05-31 01:30 | ★ぷっつん★
なに様のつもりだ?
自動車を所有してる方ならご存じでしょうが、今、自動車税の納付時期です。
毎年4月1日の「車検証上の所有者」に対し、課税されるのが自動車税です。
所有者には、普通郵便で納付書が送られてきて、その納付書を使って納付する「地方税」です。
そして「出納印が押された納付証明書」を保管しておいて、車検時に使用するわけです。

ところが。。。「普通郵便」というところが問題でして、「届かない」事も少なからずあるわけです。
まぁ、届かなくとも自動車の所有者であれば「自動車税を納めなければならない義務」は分かっていなければならないわけですが、そこは「税」の話。。。払いたいわけではありません。
ましてや私のように、「法人所有」の場合、会社に送られてきた納付書を経理担当が処理するわけで、そんな事まで代表者が一々確認していないのが実情です。
この「経理担当者」は、送られてきた請求書や納付書、顧問税理士の指示で出金するのが通常で、そういうものが未着かつ自分が車に乗ってない場合、「自動車税」など、発想にないのではなかろうかと私は思います。

そんな中。。。やっちゃいました、滞納。
税金には納期限というのがあって、それを過ぎると「延滞金」が加算されます。
これは納付の公平を保つ為なのでしょうが。。。

私の場合、会社がマンションの一室であり、郵便物は1Fの集中ポストへの配達となっていました。
郵便局員が誤配するのか、誰かのいたずらかは分かりませんが、郵便物が届いていなかったという事が数度あり(完全にポストの中に落とし込んで行かないんですよね。。。出っ張ってるから持って行かれる事も考えられるわけです)
自動車税の納付書が届かないということも過去にありました。
そこで、「納付書の送付先」を違う住所にできると聞き、県税事務所に出向き手続きをしてきました。
そして。。。車検。
あれ?納付証明書がない?あれ?未納?
県税事務所に連絡して確認したところ。。。未納でした。
それとともに発覚したのが、送付先を変更したにもかかわらず、それが反映されてないという事実。
それじゃ来るわけないんですよ。。。もう事務所は閉鎖しちゃっているわけですから。
たまたま県税事務所の近くにいたので、納税するつもりで訪ねました。
担当者がでてきたので、送付先が変更されてないのはどう考えても県税事務所のミスですから「どういうこと?」と聞いてみました。
それが気に入らなかったんでしょうね。。。「手続きした証拠はお持ちですか?」と。。。
おいおい。。。それは言っちゃ駄目だろう?「受付証明」なんか出してないんだろうから。
ムッっとしながらも「納税額を知りたいんですけど」というと「本税***円、延滞金***円」。
そりゃ。。。延滞しましたよ。。。でも、上に書いたような事実もまたあるわけです。
「納付書も来ないのに延滞金かよ。。。冗談じゃないよな、こっちはやることやったのに」と心の叫びが(-.-) ボソッっと口から。。。
間髪入れずに「延滞金は免除しませんよ、納付書も戻ってきてないんだから」と。。。
あれ?あれ?払わないなんて言ってないじゃん?あれ?なんか気分悪い。。。あれ?血圧が。。。
私。。。「おい!あなた今、なんて言った?延滞金を払わないなんて言った覚えはないけど?失礼な人だね?」
職員。。「多いんだよねぇ、本税を滞納したくせに、延滞金まけろって言う納税義務者」
私。。。「だよねぇ?くせに?義務者?お前なに様?(この瞬間から「お前」)」
     「義務義務って、それはお前らが勝手に義務者って思ってるんだよ、こっちにしてみれば、税金を納めてくれる納税者様なんだよ!!それにな、納付書が戻って来なかったら、納付者に届いたって理論が成り立つのか?普通郵便だろう?」
職員。。「届かないなら、届かないんですけどどうやって納めたらよいですかって問い合わせてくれば良いんじゃないの?」
私。。。「お前ねぇ、何か勘違いしてるんじゃないの?課税してるのはお前らだろう?だったら納付書を確実に届けるのが課税者の義務だろう」
     「もし俺が全く初めて車を所有した立場だったら、自動車税の課税根拠も知らないかも知れないだろう?そういう人は自分が納税義務者になってるって知るのは納付書が届いて気づくんじゃないのか?気づかなければ問い合わせするなんて発想も持たないんだよ!!」
職員。。「そういう水掛け論はいいから。払わないと証明書ださないから、車検受けられないよ?」
私。。。「水掛け論じゃないんだよ!!お前ら自分にとって都合の良い話をする前に落ち度があった事を認めろよ」
職員。。「で、納付するのしないの?」
私。。。「そういう態度か?だったら、払わない。延滞金だけじゃなくて本税も払わない!」
職員。。「車検受けられないよ?」
(ニヤニヤしやがって。。。)
私。。。「ご心配どうも!!乗れる車は他にもあるから大丈夫。この車はもう間もなく乗れなくなるから廃車しても痛くも痒くもありません。今年度分も払わないで廃車してやる。言っておくけど、法人も差し押さえられる資産はないから無駄だからね。税の知識があるのは自分達だけだと思ってたら大間違いだから。」
そういって、一度出した10数万円をしまい(当然延滞金を含んでも足りる額でした)、代わりに名刺を叩き付けて「納付にご協力下さいって言葉を覚えたら取りに来い!!」と県税事務所を後にしました。

当然このアホ担当者の名前は自動車税課税担当者に顛末と共に伝えました。
平謝りされましたが、誰が払うか!!

                       by のこのこ
[PR]
by eternity2005 | 2006-05-29 22:57 | ★ぷっつん★
物好きで悪かったよぉ><
とむさんのblogを読んでいて思い出したぁ~~~。
昨年の冬に東名高速のサービスエリアで、とっても素敵なおばさんに囲まれました。
時間は・・・朝方5時頃でしたでしょうか。
友達と二人でトイレから出てくると、知らないおばさんに声をかけられました。
二人ともジョギング中みたいな格好をしていたといえばしていたのですが。。。
おばさんA「お兄さんたち、ここまで走ってきたの?」
友達「違いますよぉ、車ですよ」(私、呆れて返事できず)
おばさんB「そうよね、Aさん変わってるから気にしないでね」
おばさんA「車にそんな格好で乗る方が変わってるでしょ」
友達「そ・そ・そうですか?」
おばさんB「そう言われてみればそうね、あなたどう思う?」と現れたおばさんCに聞く
私(なんだ?こいつら・・・と驚く・・・まだ無言)
おばさんC「スキーに行くの?」
友達「いいえ、これから海に潜るんですよ」
おばさんA・B・C一斉に「えーーーーこの寒いのに?馬鹿みたい」
友達「寒いときの方が海が綺麗だし、濡れないウエットスーツもあるんですよ」
おばさんB「濡れなかったらウエットスーツじゃないんじゃない?」
私(ほら・・・突っ込まれた・・・やめときゃ良いのに)

その後5分位、あれやこれや説明していた友達に向かってトドメの一言。
おばさんB「どっちにしたって、こんな寒いのに海に潜るなんて物好きよね~~~」
おばさんC「そっちの無愛想なお兄さん(一言もしゃべらない私のこと)も、潜るの?」
最初で最後の私の発言「あんたら、ピーチクパーチクうるさいんだよ」
おばさんB「何よ、折角話しかけてあげたのに」

頼んでないっての!!

by のこのこ
[PR]
by eternity2005 | 2005-07-04 20:50 | ★ぷっつん★
アジアでの乱行
一部のオヤジ達のせいで日本人のイメージ全体が悪くなるのはむかつきますが、
驚くような光景もあるんですよ。
なんと、日本人のふりをして乱行をする「隣国人がいる」という事。。。
ベトナムは比較的「親日感情」があるようで(背景には JapanMoneyもあるのでしょうが)
日本人であるという理由で、困った事はあまりないのですが、逆にベトナム戦争に米軍と共に参戦した「隣国人」は、不便な事も少なくないようです。
ただ、彼らは日本語も話せる事が少なくないですし、「在日」となれば、ほぼ100%日本語を使えます。

ベトナム出張中でも、当然OFFはあるわけで、そういうときは現地のリゾートなどでのんびりしてるのですが、
ある小さな街のレストランで暴れちゃったことがあります。。。

現地の女性4人と「隣国の男2人」が隣の席にいました。
昼間から女性の身体にベタベタ触って見苦しい。。。(程度は、解ると思います)
その時に、私の耳に入ってきた「非常に特徴のあるイントネーションの日本語」
お互いに相手を「しゃっちょ、しゃっちょ」と呼び合ってるんですよ。
しゃっちょとは社長の事ですね・・・。
正直、ぶっ飛びましたよ・・・「こいつら、日本人のふりしてやがる!!」って。
私と同行していた現地のスタッフや、ヨーロッパ人夫妻に「あの人達も日本人か?」と聞かれた時に、違うとは答えたものの・・・気分が悪い。
真っ昼間だというのに「酒が遅い」だの騒ぐし、乱行は一向に収まる気配なし・・・
そこで、その4人の女性に「I’m Japanese. is your friends Japanese?」と聞いたんです。
答えは「I think so. They are my Japanese friends.」
おいおい・・マジかよ・・・信じちゃってるよ、日本人って。。。
続けて「Did you confirm their identification cards or passports?」と聞くと
怪訝な顔をしながらも答えは「No」
そりゃそうですよね・・・日本人じゃないんだからさ。
相手も英語は分かるでしょうから、やばい!と思ってたんでしょうね。
男が「What?Who are you?」と立ち上がったわけです。
私ももう、ぶち切れる寸前だったわけで。。。
「What?じゃねーよ、ボケ!俺は日本人だ!!お前ら日本人のふりして真っ昼間からみっともない事してんじゃねぇよ!!」
と、そいつらのテーブルをひっくり返して、胸ぐらを掴んでいたのは・・・私です・・・。
一時店内は騒然としましたが、店員にパスポートの提示を求められ「にせ日本人」とばれて、そいつらはどこかに立ち去っていきました。
このあと、また一騒動あったのですが・・・それはまた別の機会にでも・・・(;^_^A

>のこのこさん、ドンドン叫んじゃってください。。。

そうですね・・・・叫ぶだけにしておきましょうかね(大汗)

by のこのこ
[PR]
by eternity2005 | 2005-06-20 18:35 | ★ぷっつん★
ふざけんなよなぁ・・・
やっとメンテが終わったみたいね。。。(-.-) ボソッ

昨日、仕事の打ち合わせの為とある大手商社と大手町で待ち合わせ。
待ち合わせ時間は「PM1:30」
ま、社会人の常識として「PM1:20]には待ち合わせ場所に到着。
待ち合わせの時間になっても来ない!?
あれ?
「PM2:00」・・・・来ない!
あれ??

PM2:20にやっと来たと思ったら「どうも~、じゃ始めましょうか」
はぁ?どうもぉ~?なんだそれ?
「この野郎・・・・」と思っていたのが伝わったのか「お時間無ければ次回にします?」
・・・・・・って、ぶち切れました。
私「あんた、ふざけんなよ?1時間近く遅れてきて どうも~は、ないだろう?」
私「あんたの会社からここまで5分だろうが!!」
相手「あれ?2:30の待ち合わせでしたよね?」
私「寝ぼけた事、言ってるなよ!!1:30だよ1:30!!」

そこで相手が一言
「あら?だったらどうしたか連絡くれれば良かったのに?」

はいはい・・・あんたらとは取引しませんから。

その商社の競合会社の担当者の嬉しそうな顔が浮かんできますねぇ(^^)v

by のこのこ
[PR]
by eternity2005 | 2005-06-17 14:24 | ★ぷっつん★